社会

2010年9月13日 (月)

夫婦別姓

北野たけしのTVタックルで夫婦別姓を取り上げていた。東洋では夫婦別姓の地域が多いが、それらの国では夫婦同姓を認めていない。子女は通常父親の姓を名乗らせ、母親の姓は名乗らさせないようだ。夫婦別姓は家族制度が破綻するという意見をもつ人もいるが、韓国や中国では家族関係が本当に破綻しているのか? 広島出身の衆議院議員K氏の言っていることは詭弁だと思う。

日本ではもともと子女は、「○○女(息女)△△」という言い方をする。そして女子には叙位はあっても官位を授けないし、授けるのは称号や院号。それも称号や院号には名字は付けないから使う必要もない。高貴な将軍御台所であっても「○○室篤子」というように表わすので、歴史的には子女は名字を名乗らないと考えたほうが自然。

日本の名字は姓ではなく氏であり、藤橘源平と言われるが姓ではあるのです。女系は認めないの通常で、娘しかない家は一旦養子縁組をして結婚させるわけで、日本の姓はもはやわからないのではないかと思う。妻の氏を名乗るのも日本だけの事情ではないか? また日本の家系図ほど怪しいものはない。政治的に利用してきたため信ぴょう性が著しく低い。1例としては、徳川家の祖先は賀茂氏であり。天皇家につながる本姓(藤橘源平)ではない家には通常任官しない。なぜ征夷大将軍になれたのか? 源氏につながる血筋(婿殿)があったため、それを利用し源朝臣(みなもとのあそん)と名乗ったため将軍に任官されたようだ。また豊臣秀吉は二条家に養子に入り、藤原朝臣(ふじわらのあそん)を名乗ったため、関白になれたというわけで、かなり強引。こうやって本姓を匠に操作して政治的に利用したというのが本当のところで、日本では姓氏は骨抜き状態。結局のところ夫婦別姓でも夫婦同姓でもこだわる理由が見当たらない。歴史的にみてもご都合主義であることに変わりはない。結局、どちらでもいいのではないかというところに落ち着く。 しかし子女は父親の姓を名乗らせるべきかな。。。。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

AED研修

今日会社でAEDの研修があった。2回目の受講となりますが胸骨圧迫の練習がメインとなりました。街でもAED設置されてきていますが、説明書きを読んだだけで使える代物ではないし、ある程度の訓練が必要。横浜消防署主催の普通救命講習修了書を持ってはいるものの、しばらくすると忘れていたりすることがあったり、そして実践の場はほとんどない。知らないより知っている方がましという程度だろうか。街で歩いている人の中で、AEDを使ったことがある人がどれくらいいるのか?

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

内閣総辞職

安倍首相が内閣総辞職を決意した。就任当時から言語に少々不安があった。抽象的で何を言っているのかわからない。行政の最高責任者総理大臣として不祥事に対して冷徹になれず、特に金と政治の問題では国民を侮った。人事の失敗といわざるを得ない。政治とかねについて先手を打てなかった甘さ、これが不信を買った発端ではないだろうか。そして社会保険庁の腐敗問題(年金問題)が重なり、どうにもならなくなった。参議院選挙のマニフェストも抽象的なことばかり。ただ某党と違って、手段を選ばないマニフェスト、絵空事を書いているマニフェストと違ってまだ私は許せると思っていますが。。。。

年金問題では、早いうちに国民背番号制導入にしていればこのようなことは避けられたはずです。反対したのは誰でしょうか?

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

家電製品の劣化

家電製品の経年劣化により、発火、火災などのトラブルについて、メーカー側が謝罪しているが、果たしてメーカーが謝罪すべきことなのか、私は疑問に感じています。メンテナンスなしで常識以上の期間を超えて使用すれば劣化することは常識ではないだろうか。マニュアルに何万時間以上運転したら取り替えるとか、何年経過したら取り替えるとか書いてもおそらく守らないだろうね。使わなくても劣化する部品もあることを知らなければならない。

まだ使えるからとかなり古い家電製品を使っている方がおられますが、この10年で家電の省エネ技術ははるかに進んでいて、消費電力がかなり少なくなっています。まだ使えるからと超骨董の増エネ家電製品を使い続けるのは温暖化に逆行するのではないだろうか。

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

母校

昨日グーグルで検索中、大手芸能プロダクションのアミューズの代表取締役社長交代する旨のIR情報を見ていた。経歴を見るとなんと、我が母校の先輩でありびっくりした。高校を卒業して芸能プロダクション一筋のようで、叩き上げ社長のようだ。そういえば、エイベックスに入った後輩がいたが、いまどうしているのか、、、。

吹奏楽部の後輩諸君とは久しく会っていない。顧問が変わって吹奏楽部の規模が一段と大きくなってしまい疎遠になっている。今は大森先生がサクソフォンを見ているようで、ありがたいことです。

戸高祭は9月29日、30日らしい。私はコンクールではなくこちらで聴かせてもらうことにします。技術では十分立派なので、どうやって面白い演奏を聴かせるかという難しい部分に踏むコムことになろうとは思いますが、この壁は高いような気がする。コンクールでは是非いい演奏をしてもらいたいです。

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

戸塚駅西口再開発8月

Saikaihatsu戸塚駅西口再開発は、建屋解体工事が進んでいるようです。解体屑は産業廃棄物として適切に分別処理しなければならず、昔のようにがらがらポンと捨てるわけにも行かず、解体に時間がかかります。写真は仮設店舗からマズダビル方向を撮ったものです。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

与党大敗

どうも参議院選挙は与党大敗で終わりそうですが、防衛、税制で党内の方向性が一致しない某野党で政権が担えるのか? 衆議院選挙のときのマニフェストとぜんぜん違うのはなぜだろう。今後の国会運営は「ねじれ」現象になるが、しばらくは国会を注視する必要がありそうだ。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

選挙

29日に参議院議員選挙が行なわれます。選挙に行かない人に訊いて見ると「誰に投票していいかわからないから」「(私が)投票してもかわらないから」という答えが返ってきます。人に訊いて見るとか本で調べるとかしている様子はなく、単なる言い訳に聴こえる。「投票に行かない=権利(選挙権)放棄」ということではないだろうか。
社会や政治に対して不満を漏らしたりすることがあるかと思いますが、私はよくこう尋ねます。「あなたは投票に行っていますか?」と。「行かない」と答えた人には、「あなたは政治や社会を語る資格はないですね。」を言ったりする。実に嫌な奴である。

政権公約など発表され、新聞にも掲載され公になっているはずで、新聞やテレビから情報は入ってきます。むしろ溢れているくらいです。各政党のマニフェスト骨子を見てみると政党の色がはっきりでていている。美しい夢を語っているだけの政党、目先のカンフル剤しか書いていない政党、できないことを書いてしまっている政党。きっちり目標を掲げている政党もありいろいろです。自分の気持ちに近い人(党)がいないときは白票で出すこともありますが、今回はだいたい決めました。あとは投票するだけです。。。。。

 

| | コメント (0)