« 素敵なすてきなクラシックコンサート 2022年11月5日 | トップページ | 御金神社 »

2022年12月10日 (土)

今年2回目のキムチ

今年2回目のキムチがよい酸っぱさになってきて、今が食べごろ。我が家では果汁の代わりにラブレを使っているので、発酵しやすい。いちばんちがうところは、アミの塩辛を使わず、イカの塩辛を使っている。甲殻類アレルギーがあるため市販のキムチは食べられない。韓国ではイワシのエキスといわれる(魚醬)を入れるようだが、生臭くなるため私は日本の醤油を使っている。和風キムチとか書いてるものでも、ラブレをいれて寝かしておくとそれっぽい味になりますが、味出しの野菜が少ないと味が単調。セリ、ニラ、大根等々。キムチを漬ける時に感じますが、苦みは美味しさに欠かせない要素。

昨日の夕食
残り物の鶏のから揚げを使った酢鶏、残り物人参の甘煮、自家製キムチ、ピビンパ(ナムルはスーパーマーケットの総菜)

朝食
ゆで豚、自家製キムチ、もやしと人参のクッパ(あさりだし)

Img_1916 Img_1918

 

« 素敵なすてきなクラシックコンサート 2022年11月5日 | トップページ | 御金神社 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵なすてきなクラシックコンサート 2022年11月5日 | トップページ | 御金神社 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ