« 充実した練習、そしてパパイヤの煮込み | トップページ | ペチュキムチの季節 »

2017年10月23日 (月)

タッチムをつくってみた

鶏肉の甘辛煮。韓国ではタッチムっていうようだ。「Tarchimuu」って発音します。Rの発音は日本語にはない。見た目、肉じゃがに似ているが、味付けが若干異なる。ニンニク、ショウガや胡麻が入る。異なった味わいになるので、試してみる価値はある。酢を少量加えてもいいかもしれません。(酸っぱくない程度) いつもの味に飽きたら、ごま油と酢を足すと味わいが変わる。
Pa190006_2
牛カルビ(ばら肉)を使うとカルビチムになるが、牛カルビは、日本でも韓国でも高嶺の花のようだ。

あるスーパーで脂の多い牛もも肉を「カルビ焼肉用」って謳っていた。店員に尋ねてみたら、脂の多い肉をカルビとしているとの答え。カルビはもともと肋骨のことを指すが、タッカルビ(鶏肉の甘辛煮)と言ったりするので、間違いとも言えない。誤解を与えるあいまいな表現であることは間違いない。

|

« 充実した練習、そしてパパイヤの煮込み | トップページ | ペチュキムチの季節 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充実した練習、そしてパパイヤの煮込み | トップページ | ペチュキムチの季節 »