« 今日は厚木で講習会 | トップページ | 本日の朝食 »

2014年7月13日 (日)

サクソフォンと夏

この時期湿気が多く、楽器にもカビが生える。冷房をかけて時々ケースを開けて点検する。アルトは頻繁に使うが、バリトン以外はどうしても寝ていることが多い。
Dsc00706
今年の秋に向けて練習中です。バリトンサクソフォンソロの必要があるようだ。テナーサクソフォンでは響きにくい音域。サクソフォンを考案製作した、ベルギーのアドルフ・サックス生誕200年の年でもあり、オリジナル部分を演奏しようかと検討中。アルルにするか?
Dsc00708
サクソフォンを製作はベルギーで行われたことはあまり知られていない。そして、フランス軍楽隊やクラシックのほうが先なのです。

8月に、セルマー主催の「セルマーキャンプ」がかつて行われていた。故阪口新先生や石渡先生が講師としておられたが、いろいろなお話を聞かせていただき、あのセルマーキャンプは今のサクソフォン発展の源だったのかもしれない。師匠以外にも、故圓田勇一さん、上田啓二さん、武藤賢一郎さん。特に圓田さんにはラージアンサンブルの魅力を教えていただきました。あの経験は何物にも代えがたい経験です。

高校生をサポートしていた時に、締め切り後にセルマーキャンプに追加申込みできないかお願いして高校生2名入れてもらった。そして1名は野中貿易の就職まで決めてきてしまった。あれにはびっくりした。彼の通っていた高校はかなりの進学校だったので、高卒で就職とは。渋谷のアクタスでリペアをやっていると思います。苗字が読みにくいあのおいちゃん。もう1名はどうしているかな。妻夫木聡氏と高校が同窓の人だったが。

« 今日は厚木で講習会 | トップページ | 本日の朝食 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は厚木で講習会 | トップページ | 本日の朝食 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ