« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

ここは東京都

Aihara アンサンブルの練習で久しぶりに相原に電車で出かける。埼玉や群馬の奥地ではなく、ここは東京都。のどかな町である。この近辺には法政大学、東京家政大学、東京造形大学がある。

周囲に大学があるのに、この町はひっそりしている。私の住む戸塚は、居酒屋にはいると大学生と思しき客が黄色い声で騒いでいて五月蠅く、話も聞こえない。この街にそのような光景は見られない。ちょっと栄えている近くの橋本まで出かけるのだろう。

電車の中で若者が、「淵野辺工科大学」って言っていた。そんな大学あったけ?
どうやら、本部が表参道の近くにある大学のことらしい。

9月に、この地から山に入ったところで合宿をする予定。

2012年6月23日 (土)

練習そして、ぬらひま団

今日は、掃除、洗濯、部屋の片づけ、来週の食事の仕込みなどやっているうちに夜になってしまった。10時くらいから少しサックスの練習をして寝ます。

明日は午前中、相原でアンサンブルの練習。その後本郷台で、古巣の吹奏楽団の演奏会があり、観客として聴きにいく予定。バリトンサックスを背負って行くのはちょっとつらいが、まあ仕方ない。国道16号線は渋滞のメッカだから、車で行くと大変なことになるし。高校の後輩のM沼から情報が来たので、掲載します。明日ですが。。。。。

---------------------------------------
■横浜ぬらひま団第25回演奏会「ぬらひま25」
日時:2012年6月24日(日) 14:00開演
場所:栄公会堂 (JR本郷台駅下車徒歩9分)
曲目
・サンサーンス/「東洋と西洋」
・ジュール・マスネ/「絵のような風景」
・古関裕而/オリンピック・マーチ
・塔の上のラプンチェル・メドレー
・チャーリーチャップリン・セレクション 他
指揮:塚田聡志
入場無料!

米粉のピッツァ

Pizzaスーパーの安売りで、米粉パンミックスを買ったが、すっかり忘れていたので、処理するためピッツアを作ってみた。米粉は粘りがないので生地が伸ばしづらい。具は冷蔵庫にあるもの。食べたときクリスピーのようなパリッという感じはないけれども、カロリーはやや控えめになるかなあ。





2012年6月11日 (月)

野菜たっぷり牛丼

P1000208料理が面倒な時は汁物か丼物になってまう。牛丼は食べたいが、野菜が玉ねぎだけで少なすぎる。味が比較的に主張しない小松菜を入れてみた。やはり今一つかな。味に主張がある春菊のほうが合うかも。難しいバランスだ。

2012年6月10日 (日)

栄区民芸術祭器楽打ち合わせ

P1000209 本郷台駅前にある某コミュニティー施設で、栄区音楽協会器楽部門の下打ち合わせがあった。私は器楽部門に属してはいないが、過去に器楽部門担当理事をしていた経歴から、協力することとなった。一般参加団体もあるので、会員のみではないが、約20団体、2日規模の公演になりそうだ。吹奏楽団、マンドリンオーケストラ、筝アンサンブル、大正琴アンサンブル、ギターアンサンブル、オカリナ等々。器楽アンサンブルコンサートという興行名にはなるが、私が名づけたコンサート名がいまだに使われているようだ。しかし、これ以外に思い当たる表現がないのも事実。

私が所属するのは個人演奏部門で、栄ソリスティとシャンソン同好会。昼はクラシック、夜はシャンソンの夕べという流れ。

火曜日の夜、栄区音楽協会の拡大理事会があるが、これから怒涛の忙しになるだろう。自分の本番もあるし、先を見通した計画的な練習が必要だ。頑張ろう。

2012年6月 3日 (日)

第39回栄ソリスティコンサート

第39回栄ソリスティコンサート

  • 坂本周子
    華麗なる変奏曲(ショパン) 
  • 加藤智恵(Sop)・相墨由紀子(Pf)
    愛してる、愛してない~花占い~(マスカーニ)
    歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」より
     ”私は創造の神の、卑しい下僕” (チレア)
    歌劇「ラ・ボエーム」より
     ”あなたの愛の声に呼ばれて出た家に” (プッチーニ)
  • 児玉真理(Vn)
    無伴奏パルティータ第2番より、シャコンヌ (バッハ)
  • 小見山由記子(Pf)
    ダンテを読んで (リスト)
  • 山岸彩子(Vc)
    無伴奏チェロ組曲 (カサド)
  • 平出納子(Sop)・深井利枝(Pf)
    歌劇「ツァイーデ」より
     ”安らかにお休み、私の愛しい人よ” (モーツァルト)
  • 石橋奈緒美(Pf)
    シャコンヌ~左手のための~ (バッハ=ブラームス)
    スケルツォ第2番 (ショパン)

多くのお客様にご来場くださり、ありがとうございました。今回は一人あたりの演奏時間が結構長いので、聴きごたえがあったかと存じます。山岸さんが演奏した、無伴奏チェロ組曲については初めて聴く曲で、そしてかなり長い曲だった。パブロ・カザルスにささげた曲だそうで、これがものすごい名曲だった。加藤さんの歌、平出さんの歌についても初めて聴く歌劇だった。おなじみの曲もあり、おなかいっぱいという演奏会だった。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ