« 麺2品 | トップページ | バッハのヴァイオリンソナタ »

2011年12月10日 (土)

金沢北条氏と金沢文庫

横浜そごう内にある、「そごう美術館」で、田辺陽子さん、甲田愉香さん、田村哲氏のトリオ演奏があり、金沢文庫に出かける前に立ち寄る。クリスマスソングやラグタイムなど演奏を聴く。お子様連れのお客さんが多かったかな。

あるプロジェクトの下調査のため、京浜急行金沢文庫駅から徒歩で10分くらいのところにある称名寺を訪ねる。この寺の創建者は鎌倉幕府引付衆だった金沢(北条)実時。ご文庫がここにあったそうだが、その資料が現存していて、北条氏得宗家滅亡後、称名寺が引き継いでいたが、現在は県立歴史博物館金沢文庫にて管理されているそうだ。

Shoumyo 国指定の史跡、国宝の仏像もあるそうだが、金堂は公開していない。金沢実時侯の墓所は後ろに見える稲荷山にある。距離はそんなにないが、山の斜面が急こう配で結構きついコースとなっている。左隣の金沢山山頂からは、金沢八景の眺めが楽しめます。八景島シーパラダイスも見えますよ。有料で観光ガイドをお願いできるようです。ガイドは寺とは関係なく観光協会が窓口になっている。今日もガイドさんが数組の団体客を案内していました。
Dsc00425 海に向かって歩くと、金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」が見える。その先は横浜市「海の公園」となっている。潮干狩り、バーベキュー、ビーチバレー等々のレジャーが楽しめます。ただし有料ですが。

« 麺2品 | トップページ | バッハのヴァイオリンソナタ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麺2品 | トップページ | バッハのヴァイオリンソナタ »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ