« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

合奏

家では演奏の参考にする音源(CDやDVD)以外はほとんど聴かないが、今日は珍しく聴きたくなりCDをかけている。オルフェウスの弦楽合奏。ホルベルグ、2つの悲しき旋律、弦楽セレナーデの3曲が入っている。

「もっとも好きな曲は」と訊かれるとなんて答えるか?
今はチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」と答えるでしょう。

管弦楽や吹奏楽にも興味がないわけではありませんが、いろいろな音が聞こえる曲もよりも、同属楽器同士または少ない楽器のアンサンブルでいろいろな表現で演奏される曲のほうが私は好きです。7年前に15年在籍した吹奏楽団を退団し、グランボワ・サクソフォン倶楽部に入部したのも、同属楽器同士の演奏がしたかったからだ。しかし、実際に演奏した曲は、管弦楽曲が多かった。弦楽合奏曲を演奏するに耐えうる技術や表現力を持っていなかったから、避けざるを得なかったというのが現状かもしれない。6年間の演奏の中で、演奏した弦楽合奏曲は多くなく、弦楽セレナーデ(1楽章のみ)、ホルベルク組曲、過ぎにし春、バーバーのアダージョの4曲。管弦楽曲も編曲上、ヴィオラ、チェロパートを担当することが多く、弦のタッチを菅で表現するにはどうしたらよいか、いろいろ研究できたし、勉強になることも多かった。

弦楽器や声楽には拍の頭が見える。弦楽器は弓を当ててから音が出るまで時間差がある。声楽は「か」と歌う時、「k~a」と歌うので時間差がある。しかし、管楽器だとブレスをあえて見えるようにアクションしないと拍の頭が見えなくなる。合奏となると管楽器はブレスはっきり見えないのでバラバラになることが多い。これが問題なのだ。またベースラインとメロディは同じタイミングで演奏するとベースは遅く聴こえる。人間の耳は低い音ほど拾いにくく、高い音ほど耳には早く入ってくる。従って耳にも時間差がある。ですから時間差をうまく調整する必要があるのです。人数が多くなればなるほど低い音は早めに音を吹かないとサウンドに厚みがなくなる。でもこんなこと自然に身に着くものだけれども、メトロノーム命の人にはわからないようだ。

2011年7月27日 (水)

ちょっと早い夏休み

昨日から早い夏休みが始まった。早い人は27日から、遅い人は8月10日からだけれども、政令による、社内の夏季電力逼迫対策の一環でこのようなことになった。それにしてもこの時期に休むのは高校の夏休み以来だ。

母校野球部は神奈川大会3回戦で敗退したようだ。吹奏楽部は順調らしい。顧問のC氏は今年還暦らしく、今年度末で定年退職になるそうだ。私が卒業したころは、プレーヤーで活躍していた。その後、栄区の中学校でお見かけしたのが最初だったかな。4月に祝賀イベントがみなとみらいである。演奏する曲はまだ連絡はないが何を演奏するのか、、、。OBは意外と吹けない(練習時間が極端に少ない)から難しい曲は避けたほうがよいとは言ってあるが、、、、。

平日昼間のテレビ番組はどの局も韓国ドラマが入っているようだ。放送する番組のネタ切れなのか? 古い番組が多い感じはするが、新しいものでは金卓求や同伊あたりか。朝から晩まで韓国語放送が流れているお宅は珍しくないようだ。アジュマーたちは虜になっているとか。(社内の噂) 付き合わされる亭主たちはぼやくだけ。。。現代劇を見ても、両班の臭いがするのは私の気のせいかな?

会からメールが来たが、送信者について一切明記がなく、見知らぬメールアドレスだし、誰なのか? 用件は会の内容だったが無視している。署名くらいつけていればわかるが。グランボワでもよくあったが、発言者が誰なのか明記されておらず、指示されているのか記録が回っているのかさっぱり分からず、混乱を招く原因となっていた。国語のお勉強は大切だというところでしょうか。

2011年7月19日 (火)

巻きずしではありません

Dsc00292 今日の夕食です。キンパ(プ)を作ってみた。副菜は鰹のヤンニョンジャン和え、ズッキーニ、シメジ、玉ねぎ、油揚げの味噌汁です。キンパ(プ)は板海苔に普通のご飯をのせ、具材を中心にのせ、巻き簾で巻いたものに、刷毛でごま油を塗って仕上げた。韓国語ではおにぎりもサムガ(ク)キンパ(プ)という。キム=海苔、パ(プ)=飯、であり海苔で巻いた飯のことをさす。  ※ご飯は酢飯ではありません。

Dsc00290 今回はキンパ(プ)調理セットを使いました。大阪・鶴橋で買い求めました。中身は酢漬けの野菜でした。酢の強いたくあんのような感じだろうか。右の黒っぽいものは牛蒡です。

2011年7月18日 (月)

伊丹出張

出張で伊丹に訪れました。六甲山が近くに見え、都心に比べるとやや涼しい様に思えた。横浜のほうが暑いという感じだろうか。
Dsc00287 新大阪から「新三田」行き福知山線直通東海道線にのると、乗り換えなしで伊丹まで行ける。尼崎から福知山線に入るが脱線事故を起こしたマンション前を通過するが、思った以上にカーブがきつく、あの場所で80km/hで走行したらどうなるか容易に想像がつく。そしてあのカーブは上り方向は最初のカーブで、その先にもいくつかある。私の乗った電車は40km/h位で通り抜けただろうか。

Dsc00286 伊丹駅周辺には有岡城があったようだ。江戸時代以降は廃城になっている。城主は荒木村重。この時代は城というよりは陣屋だろうか。

20110714115101 中途半端な時間になってしまったのので、イオンモールで食事をする。韓菜(ハンチェ)という店で、カルビビビンパ(プ)を注文。おいしく頂きました。

一泊の出張だったので、社員倶楽部で伊丹の方々と懇親しました。メニューに粉ものが多いかな。。。料理はシダックスらしい。関東人には質的に物足りない感じがする。横浜では相模湾の地さかなメニューが必ずあるが、刺身のようなメニューはないようだ。横浜の社員倶楽部はおいしいと評判になっているようだ。本社が一番貧相かも。。。。

帰りは大阪鶴橋で買い物をして帰ったが、新大阪の混雑はすごい。席はほぼ満席。金曜日だから自宅へ帰る方も多いのかもしれない。小田原を通過した数分後、停電が発生。周囲の人は照明が消えて位にしか思っていないようだ。だんだん減速し停車した。10分くらいだからパニックも起こらなかったが、エアコンも止まっているので窓の開かない新幹線では蒸し暑く、30分以上閉じ込められるとおかしくなりそうな気はする。

2011年7月13日 (水)

おっきりこみを作る/携帯電話を更新

月曜日は振替休日でお休みをいただいた。何やら疲れて一日だらだら。だらだらすると逆に疲れます。秩父に出かけた折に群馬の中力粉を買い求めましたが、うどんを打ってみました。打つときに結構力が必要ですが、まとまったら袋に入れて足でこねる。子供のころ、ばあさんがうどんを打つときに、練った粉をよく踏まされました。。。
Kirikomi おっきりこみにするため、塩を少なめにして打ちました。だし汁に肉、野菜をいれて煮込み、柔らかくなったら麺を入れてさらに煮込む。5分程度で茹であがるので味噌で味付けをします。この日は豚肉、南瓜、ニンジン、茄子をいれました。おっきりこみは山梨のほうとうと似たような汁物です。

本日、水曜日は定休日でした。午前中病院へ行きましたが、この暑さだろうか、病院に老人の姿が見えない。妙に空いている。でも入れ替わりで患者が入ってくるので、まあ待たなくていいかなあ。

Mbiletelephone病院の帰りに、5年ぶりに携帯電話を更新した。電子機器だから突然故障したりするので、そろそろかなあと思いつつ更新することに。しかし、携帯電話も安くない。ゲームや音楽を聴くわけではないので高機能の携帯電話は必要なく、これを選ぶしかなかった。ショップ受付のおねえちゃんは今井絵理子氏によく似ていた。そういえばいつも受け付けてくれるのはいつもこの女性だった。おそらくベテラン社員なんでしょう。

2011年7月 7日 (木)

今日はお休み。旬な野菜で昼食を摂る

201107007 輪番休日となってから2度目のお休み。昨日は7時から日が変わる遅い時間まで仕事をしていたためか、疲れが取れずだらだらしてしまった。遅めの昼食を摂る。

関係会社(物流会社)の職長さんが趣味で作った野菜をたくさん頂きました。とうもろこしとトマト。熟した野菜なのでおいしさが違います。トウモロコシは蒸しただけ、トマトは切って塩を振っただけのシンプルなもの。でもこれが一番うまい。メインは鶏肉を新井武平商店の
「おなめ」をまぶして漬けこんだものをオーブンで焼いただけの鶏肉の味噌焼き。付け合わせのインゲンも塩茹でしただけのもの。そして、もやし、にら、油揚げの味噌汁。結構おなかがいっぱいになりました。

2011年7月 4日 (月)

トップページを更新しました

トップページを更新いたしました。年末に栄ソリスティのチャリティコンサートを開くこととなりました。車いすのお客さんがたくさんお越しいただけるよう、栄公会堂で開催します。

2011年7月 3日 (日)

秩父へ行く

Img_0895長瀞の宝登山神社参拝、買物のため秩父に出かける。湘南新宿ラインでまず池袋に向かう。この写真はどうやって撮ったでしょう。ちなみにグリーン車の車内から撮影しました。この手前にポイントがあって、新宿湘南ラインは埼京線に入線していきます。 隣の橋梁は東海道新幹線です。写真の先には品川駅がある。

Img_0897 新宿駅に停まっていた、東武鉄道特急スペーシア鬼怒川行き。栗橋だったか、JRから東武鉄道に乗り入れている。

Img_0898 池袋駅から西武鉄道特急ニューレッドアロー「ちちぶ号」にて西武秩父駅に向かう。写真は西武秩父駅に到着したニューレッドアロー号。

Img_0899 西武秩父駅仲見世で昼食を摂るが、わらじカツ定食を注文する。名古屋の味噌カツは甘味噌にくぐらせるが、この店は甘い醤油ダレにくぐらせているようだ。B級グルメは病みつきになる味が必要で、もう少しグルタミン酸を訊かせたほうがいい。わらじ豚カツは小鹿野町のあるお店のメニューだったが、かなり昔からあったようだ。

Img_0901 新井武平商店で買い物をするため皆野へ向う。西武秩父駅から徒歩で、秩父鉄道の御花畑(おはなばたけ)駅へ。

Img_0900 御花畑駅舎は文化財になっているようだ。

Img_0902 皆野で買い物の後、宝登山(ほどさん)神社へ参拝する。秩父鉄道長瀞駅の駅舎もなかなかレトロ。この日は全国の神社で夏越大祓がある。宝登山神社は神武天皇を祀るとか。神社の写真を撮り忘れました。。。。

Img_0903 秩父鉄道のダイヤは1時間に2本程度。その間に同じ数と思われる貨物が運行されているようだ。武甲山の石灰を運んでいる。(秩父鉄道は単線です。)

Img_0904 西武秩父駅から見た武甲山。白いのが石灰です。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ