« 関西の旅~京都 | トップページ | 関西の旅~大阪 »

2010年2月 6日 (土)

関西の旅~姫路【2/14改訂】

Dsc00042 大阪の友人と姫路城を見に行きました。大阪(梅田)から新快速で約1時間。ここの最後の城主は酒井雅楽頭家。もともとは小寺家(黒田家)の居城。その後、豊太閤、池田家(備前宗家)、松平家(奥平家)、松平家(越前松平家)、榊原家、酒井雅楽家となったようだ。修理された時代によって瓦などは家紋がそれぞれ違う。しかし榊原源氏車紋はあまり見かけない。平成の大改修が行われるためしばらく天守閣の周りには工事養生がされるため見えなくなるようだ。酒井雅楽頭家は井伊家(彦根藩)に次ぎ、大和郡山藩柳沢家と並ぶ譜代大大名。酒井家は他に、酒井左衛門尉家がある。(出羽庄内藩。) 廃藩置県後も山形にとどまり、農業を営んでいると聞いたことがある。

Dsc00043 時代劇、特に暴れん坊将軍でよく撮影された場所ですね。千代田城(現在皇居)の天守閣は焼失した。その後再建されなかったため天守閣がない城だった。ドラマで天守閣が映るのは歴史的には誤っているところはあるものの、まあ気がつかないことでしょう。

Dsc00045 天守閣にはいろいろなからくりがあって、刀や槍が振れないような作りになっていたり、錯覚させるようなものがあったり、よく考え垃れている天守閣です。日本人は穢れという観念があるようで、過去をぬぐい去るために簡単に捨てたり壊したりしてしまうことがあるようだ。多元的政治から中央集権政治に移行された明治維新に多くの城が壊された。また空襲で焼けた城もあったようだ。

« 関西の旅~京都 | トップページ | 関西の旅~大阪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西の旅~京都 | トップページ | 関西の旅~大阪 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ