« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

縄文人と弥生人

神奈川大学短大の教授だった網野善彦著「東と西を語る日本の歴史」という本を読んでいる。冒頭は他の歴史学の学説引用が多く見受けられるがこれが興味深い。少なくとも学校の歴史教科書にはほとんど書かれていないことばかり。もともと日本の東部と西部では人種が全く違うそうだ。西部は弥生人と呼ばれ農耕民族でアジア北方民族、東部は縄文人と呼ばれ狩猟民族でアジア南方系だそうだ。もともと日本は南方系が主で、朝鮮(韓)半島から流入してきたと考えられているようだ。

また網野先生の文献には明記していないが、朝鮮(韓)半島でも北方系と南方系が混在するようだ。日本の東国と西国では文化も言葉も生活様式も全く違っていたのは人種が違うためだということだ。しかし、時間をかけてこれらが混血されてきたため日本人というものがでできあがってきた。しかし、アイヌ部族、琉球族だけが縄文人の血筋をそのまま残した形となったようだ。東国は文化が遅れていたが、西国とのかかわりはほとんどなかったようだ。大和(今の日本)が形成されるころには東国もだんだんと支配下におくようになっていった。今の日本の領土が確定したのは明治維新になってからの話で近世の話だ。それまでは政治は多元的に行われてきた。また奈良時代あたりでは多くの渡来人がまだあったようだ。東国は狩猟民族であるため、馬を操り武芸にたけていた。また西国は農耕民族であり、農業や貿易などにたけていて街が発展した。しかし西国は海賊に苦しめられ、東国は騎馬集団の追剥などに悩まされたようだ。現在の日本では、弥生人顔と縄文人顔の比率が7:3になっているようで、弥生人が相当数流入してきたと考えられるようだ。縄文人顔、弥生人の特徴は、馬場悠男先生というお方が紹介されています。韓国人の顔と日本人の顔はほとんど区別がつかないのは、同じ人種であるからだということで間違いはないようだ。

2009年2月27日 (金)

街と土着性

他府県から来た横浜市民は、横浜都民と思っている人が多いように思えるが、ハマッ子の土着性は意外と深いことに気が付いていない。横浜ベイスターズがリーグ優勝した時の盛り上がり方は普通ではなかった。

某番組「県○SHOW」で、「横浜市民は横浜市歌が歌える」とあった。しかしすべての人が歌えるのはちょっと大げさだが、横浜の小学校、中学校で育った人は、授業や儀式で歌うので、知らないはずがない。他府県からの流入者はおそらく歌えない人が多いだろう。私は高等学校も横浜市立だったので、12年間、儀式等で横浜市歌歌いました。

小学校、中学校で横浜市歌を歌い、横浜開港記念日(6/2)は学校を休校。授業では横浜の歴史を勉強し、歴史と向き合ってきた結果、ハマッ子の土着性は深くなることは必然なことだと感じます。横浜は歴史的には深い町ではありません。城下町、門前町でも商都でもありません。それでも繁栄しているのは浅い歴史でも大切にしてきた結果ではないか。ただの田舎町だった。横浜市歌にもあるように、「苫屋の煙、ちらりほらりと立りし所」という風景だったようだ。私の住む戸塚は相模国鎌倉郡にあたるが、鎌倉郡戸塚町(現在の瀬谷区、戸塚区、泉区、栄区、)が横浜市に併合されたため横浜市となったが、横浜というよりは鎌倉という側面のほうが大きい。現在の戸塚消防署のあるところに郡役場があったようだ。上杉謙信を輩出した長尾家は、戸塚区長尾台町の小高い山に館があったとされています。一族は三浦氏に滅ぼされ離散したとされています。

 ※鎌倉郡の一部で藤沢市に併合された部分もあります。

2009年2月26日 (木)

サクソフォニープロジェクト東海

サクソフォニープロジェクト東海の公演が、3月14日名古屋市港区・港小劇場というホールで行われる。編曲家・指揮者の柏原卓之氏率いるプロジェクトでサクソフォンオーケストラを主体とする演奏団体です。名古屋まで出かけて聴きに行くことにしました。浜松サクソフォンクラブのみゅるgenさん、てるてるさん、京青さん、長野の楽器製造家の彩雲さん、そしてHALさんが出演する。グランボワの定期演奏会に刈谷からてるてるさんがお越しくださったし。お金は少し掛かるが、残っていた会社の福利厚生ポイントを使うから半額で済むのでご心配なく。。。。当日は名古屋市丸の内に泊まります。丸の内って三の丸のことかな? 名古屋は詳しくないのでよくわかりませんが、城内の一部だったのでしょう。お昼頃のひかり号でゆっくり行きます。名古屋のどえりゃでらうまなものって何だろう。

名古屋に降りるのは4度目。1回目は高校の修学旅行(北陸旅行)で最終地点が名古屋だった。2回目・3回目職場旅行で伊勢鳥羽、飛騨高山に行った時立ち寄った。でも名古屋観光ってほとんどしたことがない。わが社の名古屋の人が、「横浜っていいね。伊豆箱根など温泉が近く、古都鎌倉、港町がある。そして遊ぶところがたくさんある。」って言っていたが、名古屋にも近くに長島温泉もあるし、遊園地だってあるだろうし、歴史的な名古屋城はあるし、豊国大明神、東照大権現、織田信長、三大戦国武将は愛知県の人ではないか。隣の芝生は青く見えるということなのだろうか。。。

2009年2月21日 (土)

土曜コンサート

土曜コンサートは無事終了しました。あまり宣伝しませんでしたが地元のお客様でいっぱいとなりました。

橋本駅構内の居酒屋さんで打ち上げがあり、気がついたら23時を回っていたのであわてて横浜線の電車に乗り、町田で片瀬江ノ島行きの最終電車にかろうじて乗れました。家についたら1時を過ぎていました。

2009年2月20日 (金)

第16回東京芸術大学サクソフォン専攻生による演奏会

Lilia今日は埼玉県川口市までやってきました。芸大生によるサクソフォン演奏会が川口総合文化センターで行われた。

Geidaisaxconcert 【曲目】
ピアノ、オーボエ、バッソンのための三重奏曲(プーランク)
 佐藤琴美、須永和宏、吉武優(Pf)
サクソフォン四重奏曲より、Ⅰ、Ⅱ、Ⅳ(パスカル)
 塩入幸恵、横山美優、三浦夢子、本堂誠
トゥリアエズ(松岡大祐)
 石橋梓、鈴木崇弘、高橋陽香、田中拓也、福田亨、丸場慶人

バラード(トマジ)
 独奏 角口圭都  指揮 池上政人
 サクソフォンオーケストラⅠ

少年のデュエット(シュトックハウゼン)
 佐藤淳一、田村哲
二重奏曲 変ホ長調 Op.15(ブルグミュラー)
 依藤大樹、城綾乃(Pf)
6つのバガテル(リゲティ)
 伊藤あさぎ、細川紘希、寺田麗美、大石俊太郎
クープランの墓より、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ(ラヴェル)
 ※ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル編曲
   指揮  池上政人
   サクソフォンオーケストラⅡ

サクソフォンオーケストラⅠ
高橋陽香・石橋梓・寺田麗美/細川紘希・福田亨・横山美優/鈴木崇弘・須永和宏・三浦夢子/丸場慶人・田中拓也/本堂誠/邊見美帆子(Hp)
サクソフォンオーケストラⅡ
伊藤あさぎ・佐藤淳一・田村哲/石橋梓・細川紘希・佐藤琴美。福田亨/依藤大樹・須永和宏・角口圭都・鈴木崇弘/大石俊太郎・三浦夢子・丸場慶人・田中拓也/本堂誠

プーランクのトリオについては、ファゴットのところをbassoonって書いてあるけれども、bassonの誤りだ。本人たちは気が付いていないのだろう。アンコールについては1曲だけあったが、デヴィルズラグでした。

芸大サックスの演奏会は初めて聞きましたが、テクニックは素晴らしいのだろうけれども、芸大生も学生なんだなあという印象だった。リリアは残響がちょっと長いようで、ワンワンしていて聴きにくいところがあった。口元を見ていると、なんとなく先生がどなたかがわかる。アンケートに「どの演奏が良かったですか」とありましたが、「トゥリアエズ」と「クープランの墓」だったかな。
Shonanshinjuku 行きも帰りも立っていくのはいやだったので、グリーン車にのりました。グリーン車は静寂です。湘南新宿ラインのおかげで赤羽まで1時間強。高崎、宇都宮方面のグリーン車も混んでいるようです。

2009年2月19日 (木)

純豆腐

今日の夕食は、「スンドゥブッチゲ」。純豆腐と書いて「スンドゥブ」と読む。絹ごし豆腐より柔らかいおぼろのような豆腐のことらしい。今日は牡蠣入りにしてみました。(スープが赤いけれどもそれほど辛くはありません。)
Photo このうどん鍋は結構重宝しています。底が浅いので、見た目ほど量がありません。熱伝導がよいのでうどんすきにはよいようだ。「うどんすき」って美々卯の登録商標だそうで、勝手に使えないようだ。

【メニュー】
スンドゥブッチゲ(豆腐、シメジ、もやし、わけぎ、牡蠣、にんにく)、うどん

2009年2月18日 (水)

今日の夕食とうまみ成分

今日はちゃっちゃっと30分で作りました。
20080218din 【メニュー】
生メカジキのソテー照り焼きソース、生野菜(コンビニの)、ペチュキムチ、味噌汁(茄子、小松菜、椎茸、玉ねぎ)、いちご、ご飯

生野菜だとがさが多くなり食べるのがしんどいところもありますが、たまにはドレッシングをかけて食べたります。あれいけないこれいけないと考えると、ストレスがたまってしまうしおいしくもない。

だしを濃いめにすることと、キノコなど組み合わせるとうまみが濃くなり、薄味でも食べられます。特に生椎茸はうまみをたくさん出します。水から煮るとよくうまみが出ます。お試しください。

砂糖の代わりにオリゴ糖や水飴を使ったりします。(カロリーは砂糖の半分くらいでしょうか) 粉末のカツオ節や煮干しが売っています。ちょっと物足りないと思った時は一つまみ加えるとうまみが増えるため、あえ物などに使うと薄味にすることができます。化学調味料を使わなくてもいけます。昆布のだしについては昆布茶を利用するとよいと思います。

化学調味料は日本人が発明した偉大な発明品といわれています。池田菊苗博士というお方が、貨車いっぱいの昆布を実験室に持ち込み抽出した成分がグルタミン酸ナトリウムだそうだ。高校時代○村先生(棘皮動物分類学では超著名な先生)の授業でそのことを知った。先生は女性の学者と言っていたが、どうも○村先生の勘違いのようで、菊苗博士は男性である。うまみは学術的にもumamiと言うようです。うまみ成分を調味料として事業家に依頼し商品化したのが始まりだそうだ。

2009年2月16日 (月)

今日のメニュー

Udong昨日、粉(中力粉)を練って冷蔵庫に入れておいたものを、パスタマシンでのばしてうどんを作りました。ちょっと硬く打ちすぎたかな。
【メニュー】
うどんの肉味噌(コチュジャン味)、絹ごし豆腐、味噌汁(菜花、豆もやし)

2009年2月14日 (土)

町田

今日のグランボワサクソフォン倶楽部は、玉川学園文化センターでの練習です。大森先生の合奏となりました。「サンエールさがみはら」での「土曜コンサート」の最後の練習でした。時間の制限があって、おさめるためにちょっと工夫しました。

玉川学園は自宅から自動車で1時間程程度の場所にありますが、思ったほど遠くない。成瀬駅まで渋滞するが、そこからはほとんど混まない。我が家からだと青葉台(横浜市)に行くほうが時間がかかったりする。
町田市は東西に長く、西は「八王子市」、東は「横浜市、川崎市」、南は「相模原市」、北は「日野市、稲城市、多摩市」に隣接しています。ですからグランボワのメンバーは、どうしても多摩の人が多くなるということです。

2009年2月12日 (木)

ちょっと早いけれども。そして暴れん坊将軍

Chocola会社の女性から義理チョコを貰った。社内(グループ)では数年前、義理チョコ禁止令がでて、義理チョコをほとんど見なくなった。お世話になっていますということでいただきました。


Komatsuna 数年前まで所属していたバンドに同じニックネームの女性がいた。

小松菜は東京・小松川で育てられていた菜で蕪の仲間。暴れん坊将軍吉宗公が百姓家で休息した時に、主人が小松菜の汁を出したそうだ。食した吉宗公は絶賛されたとか。灰汁が少ないため食べやすく、そしてカリウムが多い。

江戸の薬種問屋では彦根特産の牛肉の味噌漬を売っていたようだ。薬と称して売っていたようだ。坊主は般若湯と称して酒を飲んでいたし、日本人は昔から拡大解釈が好きだったのかも。(たんに都合がよいともいうかな) 水戸中納言斉昭卿は牛肉の味噌漬が好物だったらしく、井伊中将直弼侯に干されてから牛肉が食べられず困ったとか。

2009年2月11日 (水)

今日の夕食とGI値

0211din_2今日の夕食です。
【メニュー】
ポークソテー(生姜照焼ソース)、春菊と菜花のナムル、温野菜(ニンジン)、味噌汁(韮、もやし、椎茸、麩)、壬生菜の京漬物、いちご(紅ほっぺ)、ごはん

今日は久しぶりの肉料理です。動物たんぱく質を組み合わせることによりGI値が下がるとのこと。医食同源の新居先生(故人)の本によると、食べ過ぎた時は夕食の炭水化物を抜くとよいと書いていました。なるほど、、、。血糖が上がれば太りやすくなるということなのです。

「紅ほっぺ」は静岡のイチゴで、甘酸っぱくおいしいイチゴです。豊も栃もおいしいですが静岡イチゴも負けていません。

2009年2月 8日 (日)

今日は朝から練習

今日は朝から、玉川学園文化センター(町田市の施設)で、グランボワの練習でした。朝9時に町田に行くのは結構きついが、夜の練習よりまだましかな。

最近は渋滞を避けるためカーナビが必需品となっています。しかし、今日のカーナビは変で、極端に細い住宅地の道をくねくね選択肢し、かえって時間がかかってしまった。車が入れない道を選択したり、入力されている情報が怪しいかもしれない。(昨年末に買ったので古くはない)

2009_03_08 3/8(日)栄区民文化センター「リリス」で、栄ソリスティコンサートを開くこととなりました。今回は「うた」が中心のプログラムとなっています。ぜひお越しください。


グランボワサクソフォン倶楽部では、相模原市サンエールさがみはら主催の、土曜コンサートに出演します。相模原市民吹奏楽団とのジョイントで、先方さんは何を演奏されるのかよくわからないのですが、告知をさせていただきます。

  サンエール相模原土曜コンサート
日時 2009年2月21日(土) 17:30開演
場所 サンエールさがみはら  JR橋本駅下車徒歩
演奏 相模原市民吹奏楽団、グランボワサクソフォン倶楽部
    入場無料

グランボワはカルテット2グループ、サウンドオブミュージック、オペラ座の怪人を演奏します。 今回は人数が多そうなのでステージが少しきついかな。

2009年2月 3日 (火)

3日目~宇陀、大和郡山

Minokichi

今日の朝食は、ホテル内にある「美濃吉」というお店でいただきました。湯葉あんのお粥定食です。月曜日はコンチネンタルブレックファストだったので本日は和食をチョイスしました。

Higashiyama_2 ホテル13階からの眺めです。東山、六原(六波羅)や東福寺方面が一望できます。月曜日は非常に天気が良かったのですが、今日は曇っています。写真の中心あたりが、清水寺あたりになります。昨年は六波羅密寺、六道珍皇寺に行きました。(珍皇寺は通常一般公開していません。) なかなか興味深いものをたくさん見ました。珍皇寺の曼荼羅図や冥途の入口と呼ばれる井戸など興味深いものがありました。

Iseshimaliner_2 今日は賢島行の近鉄特急「伊勢志摩ライナー」にのり、宇陀方面へ。宇陀は大和八木から伊勢方面に行ったところにあり、室生寺や長谷寺があります。

Muroosanmon 室生寺大野口駅から奈良交通バスで10数分山奥にはいったところに室生寺があります。女人高野と呼ばれ、女人を禁止していなかったためこのように言われていたようです。今回は金堂の仏様が公開されていました。ここの御本尊さまは釈迦如来。薬師如来、大日如来、文殊菩薩、十一面観音、十二神将など。平安時代初期のもののようで、天平時代の雰囲気も、どことなく残っている感じがします。国宝でもあり仏様を写真に撮ることはできませんので、写真はありません。あしからず。

Goju 室生寺の五重塔です。この奥に奥院があります。この一帯のシダは天然記念物に指定されています。

Murooji 個人宅がバス停になっている。

Kooriyamajo 長谷寺に行こうと思いましたが、時間がなくなってしまったので、近鉄電車で戻り、大和郡山城跡に。二の丸は郡山高等学校になっていて、天守閣は天守台のみとなっている。本丸は柳沢文庫や柳沢神社が建っています。神社のご神体は「柳澤吉保公」。最終の城主は柳沢家15万1千石。犬公方将軍綱吉公の側用人を経て大名となったが、大名の家系でもないのに異例の待遇。2代藩主吉里公の出生に秘密があるのではないかという学者さんもいますね。当時の慣例からすると不自然なのは否めません。

Hidenaga 大和大納言秀長卿(豊太閤御舎弟)の墓所跡に建つ「大納言塚」です。豊臣家滅亡後、菩提寺が荒廃したため、藤堂高虎公により春岳院に位牌等を移したようだ。しかしご遺体は今でもここに眠っています。郡山の礎を築いたと言われています。地元の方は「大納言さん」と呼ばれているようだ。秀長卿は独身だったため嗣子がなかった。

2009年2月 2日 (月)

2日目~吉野の里

Kasiharaexpress_2 京都駅から「橿原神宮前」行、近鉄特急で奈良南部へ向かいました。とりあえず、橿原神宮に行ってみることにしました。橿原神宮は比較的に歴史が浅い神社で、明治天皇により創建されたようだ。もとは神武天皇の宮殿があったとされ、その地に建ったようだ。

Kashiharajingu_2 橿原神宮です。正殿は写真に撮れないので入り口だけでも。

Fukadaike2 橿原神宮の深田池です。鴨などが飛来しています。

Expressyoshino 「橿原神宮前」から急行「吉野」行電車で吉野の里へ。
今は葉が落ちていますが吉野は桜が有名で、山頂の金峯山寺(蔵王堂)に向かう方向には桜の木が植えてあり、桜の時期には絵に書いたような鮮やかな眺めになることでしょう。感動しないはずがない。しかし今は花も葉はなく。この地は室町時代に吉野朝があったところ。

Chikurinin 中千本にある「竹林院群芳園」にはいてみました。豊太閤の吉野花見のために千利休が建てたといわれています。千本桜の真ん中にあります。今は旅館になっているようです。

そのあと金峯山寺(蔵王堂)に参詣しましたが、節分の設えのため、楽しみにしていた仏像を見ることができませんでした。節分会のゲストと思われるミュージシャンがリハーサルをしていました。声明のような感じかな。この地は吉野朝の天皇御座所だったようだ。

そろそろ夕方、近鉄南大阪線で大阪・阿部野橋駅にでて、JR環状線に乗り換えて鶴橋へ。住所のほうは阿倍野区と書くようですが、駅名は阿部野橋と書くようだ。阿部野のほうが元来の表記だとか。

Chomi

鶴橋で調味料を仕入れました。粉唐辛子、コチュジャン(唐辛子味噌)、テンジャン(韓国麦味噌)、ムリョッ(水あめ)、トック(韓国餅)、トラジ(桔梗の根)、これでしばらくは大丈夫だろう。この地は焼肉店が多く、安くてうまい店が並んでいるようだ。焼肉のルーツはなんと日本。在日コリアの人が広めたといわれている。

しかし今日は焼肉を食べたい気分ではないので、豆腐チゲとピビン麺を食べた。本当はスンドゥブ(純豆腐)というおぼろのような豆腐を使うらしいのですが、日本では手に入りにくいので絹ごし豆腐を使うようだ。ピビン麺のピビンは「混ぜ合わせる」という意味で、ピビン麺は甘いみそをからめた冷麺の一種です。正しくはピビンネンミョンというようだ。韓国では冷麺のほかに、ポピュラーな麺がもう一つあるのですが、日本ではほとんど出されない。日本で行えば、ぼったくりと受け取られかねないからだろうね。(インスタントラーメンです。)

Icoca 関西には出かけることが多いので、「イコカ」を買ってしまいました。私鉄でも使えるようになったので便利になりつつあります。近鉄では使えるようになっていました。でもプリペードカード「スルット関西」がまだ主流のようだ。

2009年2月 1日 (日)

1日目~京都・大阪

久しぶりに休暇をもらい2泊3日で関西旅行に出かけました。今回は奈良を中心にまわることと決めていましたが、奈良公園周辺以外という実に大雑把な計画で出発した。
京都につき、まずいつもの神社へ参拝。昨年まで駅から神社までの冬季のバス運行がありませんでしたが、今年は日曜日に限って運行しているようだ。しかし今日は駅から歩くことにした。天気はみぞれが降っていましたが、恙無く参拝を済ませた。
Inoshishi 参拝後、茶屋で昼食を。今年は「猪丼」を食べました。イノブタではなく本物の猪だそうだ。脂身が少なく味は非常に淡白で、そして深みがあるおいしさ。ただ濃厚なお味が好きな方には物足りないかもしれない。お店の名前は伏せておきます。盛り付けが何気に京都なのです。


参拝後山を降り、上京にある別の神様へ参拝。そして大阪に住む友人と久しぶりに懇親するため高槻へ向かう。
Takatsuki 高槻駅前のテナントビルにももシャッターが目立つ。需要に対して店が多すぎるのかも。安易に再開発するのも考えものかもしれないと感じた。無秩秩序じは論外ではありますが。
友人とは4時間も懇親してしまいましたが、結局友人の妻の話(愚痴)だった。たまにはいいか。友人の妻は京女。東国の文化を否定する人らしい。関西人はいまだに東夷扱いなのか?

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ