« フェスティバル2日目 | トップページ | グランボワサクソフォン倶楽部忘年会など »

2008年12月26日 (金)

竹中さん

竹中平蔵さんは国会議員を辞して慶応大学教授に戻られ、最近よくテレビに出られるようになった。「学者ごときに何がわかると」と批判されながら小泉内閣で、不良債権処理、郵政民営化などの大きな仕事をされましたが、今考えると竹中さんはすごい人物だ。

テレビでこんなことを言っていました。「日本の医療は(官庁に)コントロールされた社会主義である」。確かにそうだ。コントロールされた制度は膠着し、だんだん歪んでくるのは当然であり、なるべくしてなった事態だ。その責任は官僚を許した政治家、それを選んだ国民にある。つまりは我々の責任であります。

また竹中さんはこんなことも言っていた。「政治家にリーダシップがなくても、生活レベルはそんなに落ちてはない。これはすごいことなんです」。確かに。やり方次第でまだ発展できる余地があるということだそうだ。努力や改革をやめれば堕ちるだけ。

暗い、辛い、悲しいと言っているとだんだん堕ちていく。今年の12月はクリスマス商戦も盛り上がらない。盛り上がらないのではなく盛り上げようとしていないというのが実態かなあと感じています。売れなものもあればその反面、売れているものもあるのです。やはり景気は「気」の問題なのかな。

いま内閣・与党はどうだろう。少なくとも前向きではない。改革があまり好きではない人が集まって布陣された感じがする。皆さん集まって自滅するおつもりか。鎌倉幕府・北条得宗家の最後のように二階堂のお山で。。。。

【追記】財界団体は総論賛成、各論反対だそうで、自分に降りかかることは反対するというご都合主義だそうだ。社会をよくしようという気はないようだ。

« フェスティバル2日目 | トップページ | グランボワサクソフォン倶楽部忘年会など »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェスティバル2日目 | トップページ | グランボワサクソフォン倶楽部忘年会など »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ