« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

姓と氏

「魔王」(mawang)の日本リメイク版が連続ドラマで放送されるようだ。韓国オリジナル版はチュ・ジフン、オム・テウン(厳泰雄)、シン・ミナ等が演じている。オ・スンハ弁護士が大野智氏、カン・オス刑事が生田斗真氏のようだ。キャストのイメージが少々柔らかすぎる感じがしないでもない。「猟奇的な彼女」なども日本リメイク版が放送されるなど、韓国や台湾などのアジアのメディア文化が入ってきている。台湾では、「花より男子」、「花ざかりの君たちへ」などが放送されているようだ。道明寺とか牧野とか、原作の名前をそのまま使っているようで、言いにくそうだ。韓国では名前を呼ぶときは、名前だけで呼ぶか、フルネームで呼ぶ。姓だけで呼ぶことはない。「李(イ)」、「金(キム)」、「宋(ソン)」、「朴(パク)」、「安(アン)」、「韓(ハン)」、「呉(オ)」、「林(イム)」、「河(ハ)」など300姓程度だそうだ。日本では藤橘源平につながると言われてはいるが、分家と本家では氏を変えたりするので、氏が非常に多いのが特徴だ。3000氏程度あるようだ。家系図の捏造もしばしば行われた。なぜかといえば、藤橘源平でないと任官されないからだ。右大将(征夷大将軍)になるには源朝臣、関白は藤原朝臣、その他の官職でも藤橘源平である必要があるからだ。御所では、無位無官のものは参内できないことになっていた。しかし、江戸時代以降は、完全に形骸化され、明治には廃止された。現在残っているものは、逝去後に叙される叙位だけ。しかし形骸化しているのは否めない。

古くは、氏の中に帰化氏族なども見られる。九州や本州でも限られた地域にみられる。中国から落ち延びてきた氏族、日本へ文化をもたらし定住化した氏族などがあるようだ。前者は秦時代、後者の多くは百済時代らしい。

2008年6月23日 (月)

財布

Saifu 写真は私が使っている小銭入れです。この小銭入れは2代目で、最初のものはボロボロになってしまい買いなおしたものです。この財布は「嵐山よしむら」という会社のもので、嵐山のお店で買い求めたものです。(現在は嵐山のお店では売っていません) 布でできているので型崩れなど心配することなく、手になじむので引き続き愛用しています。身近な生活の何気ない物が美しかったりする。

2008年6月18日 (水)

即席ラーメン

Ramyon 普段カップめんはあまり食べないので買うこともあまりないのですが、ちょっと興味が湧いたので買ってみた。「横浜とろみもやしそば」。つまり横浜のサンマーメンではないか。横浜ではサンマーメンはポピュラーな汁そばですが、全国区ではない。まだ食べてはいませんが、どんな味なのか楽しみです。ラーメン業界は競争が熾烈で、このラーメンもいつまで販売されるか。。。。焼きそばUFO、カップヌードルなどがいまだに売られているということはすごいことなのです。

隣にあるのは韓国の辛ラーメンです。韓国でラーメンといえば即席ラーメンのことを指すようです。食堂(シクタン)でも即席ラーメンを調理して出されるようだ。韓国語(ハングゴ)でラーメンのことを「ラミョン」と言います。また部隊鍋(プデッチゲ)という鍋料理にインスタントラーメンを入れます。韓国でも即席ラーメンはなくてはならないものになっているようだ。韓国ドラマでも、「ラーメンでも作ろうか?」なんていうセリフが当たり前のように出てくる。

東洋水産には「バリトン」というカップめんがあるようだ。まだ見かけたことがないが、もう売っていないのかも。。。。

2008年6月14日 (土)

食器洗浄機がきました

Watsh_machine 食器洗浄機を買いました。夜が遅いときや、忙しい朝は助かります。ほったらかしにしておくと、衛生上良くないし、機械の力を借りることにしました。いくらか節水にもなるようだ。

2008年6月10日 (火)

蕎麦

Daimyo 今日は蕎麦が食べたかったので、町内の「名古屋」で大名蕎麦を注文しました。吹き寄せ、天婦羅、のりだけの盛が少しずつ小分けしてあるそばです。

この季節になると蕎麦の香りが薄くなってきます。ゆず切りとか梅切り、茶そばなど楽しめるのもこの季節だとは思いますが、このお店には残念ながらそういうメニューはないようです。

横浜では、かまぼこや伊達巻、煮椎茸など載せたそばを「おかめ」と読んでいますが、吹き寄せ蕎麦と呼ぶのはどこの地方だろうか? 京都ではしっぽく蕎麦と呼ばれていた。

東京の蕎麦は高遠の保科候(会津松平候)が江戸に持ち込んだと言われています。もともと関東はうどん文化ですが、横浜では「うどんや」をほとんど見かけません。蕎麦屋さんにうどんがおいてあるという感じです。

カリフォルニアコネクションとクーデタ

テレビから、懐かしき「カリフォルニアコネクション」が流れていますが、この曲を聴いていると、この曲を練習した高校時代の記憶がよみがえってきます。あのころは音楽室が火事で消失後、吹奏楽部は解散状態に近かったが、先輩方の熱意と学校の支援のおかげで再開となった。

しかし中学校で吹奏楽を経験してきた人には全く物足らないヘタクソバンドだったので、不満が鬱積していた。私は、自分の頭の上の蝿を追うだけで精一杯だった。私にはその不満が何のことだかピントこなかった。冬のある日、某同期の女性に誘われて、国語科職員室に同行した。そこで行なわれたことは、顧問に対して音楽技術の質の向上を求める暴挙にでた。(顧問は国語科教諭で音楽は専門外) 赴任前、先輩方が直接自宅まで電話して顧問をお願いしたという経緯があったのですが、彼女達はそんなことは知ったことでないという雰囲気だった。今考えると、我が同期はとんでもない輩(♀)だった。私はよくわからず、ついて行ったのが大失敗だった。約30年前の話ですが、今考えるとあの頃の私は何も知らなかった。高校卒業後、師匠のところに通うようになり、レッスンを通して自分を見つめるチャンスがあった。レッスンがなかったらもっと適当人間になっていたかもしれない。

2008年6月 6日 (金)

戸塚駅西口再開発08年6月

Totsuka06 体調は悪くはありませんが消化器の調子が思わしくなく、休みを戴き矢沢の医院へ朝から出かけた。年齢も年齢ですので、後日内視鏡検査をすることになりました。

戸塚駅西口再開発ですが、現在土工事が行われていています。東急建設が元請になっていて、土工事は西松建設が請け負っているようだ。地元では良く見かける建設会社のダンプが残土処理を行なっていた。完成は約5年後、私は定年まで秒読みの年齢になっているでしょう。

大規模店舗は西友が姿を消した。ウィズというスーパーがあるが、昔は戸塚ストアって屋号だったか。大昔は相高ストアーがあった時代もあった。今の相鉄ローゼンだ。菊○デパートとか○塚デパートというのもあるが、大規模店舗ではありませんので、お間違いなく。

仮設店の斉藤牛肉店の揚げ物は相変わらずの人気で並んでいますね。仮設店舗にも有隣堂の支店が入居し、結構便利です。大竹屋の和菓子、カナールの洋菓子も相変わらずの人気ようだ。八百要も健在です。

2008年6月 4日 (水)

彩雲さんから届きました

Fourseason 彩雲さんからプリンが届きました。松本市内にあるプリン専門店「春夏秋冬」さんの信州ぜいたくプリンです。6個も入っていましたので楽しみながら一つ一つ食べていこうと思います。印刷がはっきり見えなかったのですが、「アメほにゃらら」って書いたあるものを食しました。ラム酒の効いたプリンでしたが、とろっとしているので、○○らかプリンのようにこってりしているのかと思えば、意外とさっぱりしていました。甘みもやや控え目。確かにうまい、そして自然な味わいです。卵と牛乳との絶妙なバランスがとろっとした食感をうむのでしょう。

長野のサクソフォン吹き、彩雲さんありがとうございました。湘南のおいしいお菓子などが見つかりましたら、贈りたいと思います。

日テレ関東ローカルの「ぶらり途中下車の旅」でプリン専門店を紹介していました。世田谷か川崎か、どこだったかな。確か目玉商品は揚げワンタンのようなプリンだった。

どうしても甘いものが食べたいときはプリンを買って食べます。他の菓子よりも栄養のバランスが良いのでプリンにしています。栄養学の菅原センセの本にそう書いてあったのでそうしています。あとはゼロを飲んで気分をごまかしています。

2008年6月 2日 (月)

横浜港開港記念日

Img_0263

本日、6月2日は横浜港開港記念日で横浜市立の学校は休校です。特に意味はなかったのですが会社をお休みといたしました。(有給休暇でない正規な休暇です。)

横浜港は来年、開港150年を迎えます。横浜には開港以来、港とともに発展してきました。現在は、みなとみらい地区の発展のおかげで、観光で横浜を訪れる方が増えております。横浜駅やみなとみらい駅は平日でも賑わっています。ただ東京のような不夜城ではないので、夜はわりと静かです。パシフィコ横浜という大会議場、大展示場があります。いろいろなイベントが催されます。イベントのため出張で横浜に来られた方もいるのではないでしょうか。横浜は遊んでよし、食べて良し、泊って良しの3拍子揃いです。

2008年6月 1日 (日)

横浜ぬらひま団定期

古巣の吹奏楽団の演奏会に出かけました。

2008年6月1日(日) 横浜市栄公会堂

指揮 塚田聡志

【曲目】

ファンファーレとフリオシティ(シェーファー)、Somewhere out there

亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)、吹奏楽のための第一組曲(リード)

交響曲1番「指輪物語」より1,4,5楽章(ヨハン・デ・メイ)

【Enchole】蘇州夜曲、ゲバゲバ90分のテーマ

私が所属していたのは2004年まででしたが、メンバーの多くは当時とあまり変わっていないようだった。ただ、サクソフォンはほとんどがエキストラだった。当時のサクソフォンメンバーは誰もいなくなった。メンバーの「さかなクン」は今回、コントラバスクラリネットで参加していた。演奏会終了後ロビーで、アンコウの帽子をかぶり、観客より写真攻めにあい、収拾がつかない様子。やはりゲーノー人である。久しぶりに話をしようと思ったが、周りに人が多くてそれどこではなく、諦めた。

演奏の方は、指輪物語に注力した感じがしました。あまり大きくない舞台なので、少々無理があったように思えた。結果的にモヤモヤしたサウンドになっていた。やはり金管楽器と木管楽器との座る位置にはある程度距離や高さがないと演奏効果に影響するので、もったいない演奏であった。台を10cm程度上げるだけでも変わるはずなのに。宴会はいつもの横浜野毛の北京料理屋さんらしい。盛り上がったことでしょう。

古巣の元団員より、11/9に行われる、某高校吹奏楽部OB会・演奏会のエキストラ出演の依頼があり引き受けることにしました。久しぶりの吹奏楽演奏となりそうだ。アルトかテナーかバリトンか今のところはっきりしませんが、同じ音(サクソフォン)のバンドにも少々飽きてくる感じもあり、たまにはいいかなあと感じている。ちなみにこの学校の著名な卒業生に、俳優の妻夫木聡氏、囲碁棋士の瀬川晶司氏がいる。

懐かしの味「和風スパゲッティ」

Irebone 懐かしの味を作ってみました。戸塚に東和という喫茶店がありました。(現在はありません) 部活動の先輩や顧問の先生と頻繁に出かけました。その店のメニューに「和風スパゲッティー」「たらこスパゲッティー」の2種類がありました。今日は和風スパゲッティーを作ってみました。ゆでたスパゲッティをバターでさっと炒めて花かつおをかけただけのシンプルなもので、醤油をかけて食べます。スパゲッティは、アメリカンなナポリタンかミートソースという先入観がありましたが、食べた時は衝撃でしたね。

東和に出かけた理由は、当時はやっていたインベーダーゲームを楽しむためだった。ただ私はゲームがあまり好きでないので見ているだけでしたが。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ