« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ツムラの漢方薬

Tsumura ゴールデンウィークあたりから、鼻の調子が悪く、雑草の花粉が反応しているようで、これから秋までアレルギー性鼻炎で悩まされます。私は血糖が少々高めなのです。ステロイド剤は糖尿病が進んでしまうため、ツムラの漢方製剤(小青竜湯)が処方されました。服用したら鼻がだいぶ楽になりました。私には漢方薬が合うようで、結構効いています。漢方薬が処方されるクリニックの情報は、ツムラのホームページにて紹介されています。漢方薬を認めない医師もおられるようですが、馬鹿に出来ないのは確かです。

2008年5月29日 (木)

横浜の緑

Kosuzume2 横浜は緑が多く、都会と田舎が同居している感じでしょうか。写真は横浜市小雀浄水場から円海山方面を映したものです。鎌倉円覚寺、横浜市金沢自然公園、鎌倉カントリークラブ、栄区上郷ネオポリス住宅などが周囲にある巨大な森です。森の中は整備されていて、ハイキングコースになっています。歩いているといろいろな人とすれ違います。横浜市は20年先を見越して、この森を整備すると新聞発表があった。山の手入れが今一つというところもあるが、これからだんだんきれいになっていくことでしょう。ますます楽しみにです。円覚寺から金沢自然公園まで約10kmあり、結構お勧めです。半日で制覇できます。

横浜は高台に登って周囲を眺めると森林が多いことがよくわかります。横浜は海も近く、山もあり、そこそこ都会です。横浜市立の学校では、「横浜市歌」を頻繁に歌います。横浜を愛する心が自然と芽生えてくるのではないかと思っています。ちなみに作詞は森林太郎(鴎外)です。

2008年5月24日 (土)

日記

Img_0243 今日は出張で高輪にやってきました。オフィスビルは空調が効いていて快適な環境です。高層ビルは窓が開けられない場合が多いので、空調なしではいられず、今の技術以上の省エネルギーは難しいだろうなと感じています。二酸化炭素削減は急務ではあるものの、コスト高の省エネもやむを得ない時代がくるだろうと予感しています。

帰りに親友の鍼灸治療院へ行き、鍼を打ってもらった。凝りがひどすぎて、どこが凝っているのかわからないくらいだ。無意識のうちに体に力が入り、だんだん全身へ広がる。体の歪みが原因なのですが、なかなか歪まないようにするのは難しい。

バスのなかで吹奏楽部の9年後輩、兵庫県尼崎市在住の○島に偶然会った。元気にしているようだ。店舗開発を仕事にしているようで、会議のたびに関東へ出張してくるようだ。彼らとの出会いは20年前の母校。お世辞にもうまいとは言えないバンドでしたが、のびのびしていた感じはあった。部活動にのめりこみすぎて、赤テン続出ということもあったな。今では考えられないだろう。わが母校は将来的に小中高一貫教育で、国公立大学進学を目指す学校にするようだ。時代の流れだから仕方ないが、公立学校でお受験から始める学校が必要なのかどうか議論となりそうだ。

2008年5月17日 (土)

江ノ島

社内の行事のため江の島に向かいましたが、昼食後解散となったためちょっと江ノ島内を散策してみました。江の島サムエルコッキング苑へ行ってみました。

Kokking 苑内はいたるところに花があります。癒される方もおられるのではないでしょうか。苑内にはバラも植えられていますが、ウインザー市から贈られたバラもあるようだ。

Enoshima 苑内から腰越・津方面を撮った風景です。なかなかのどかです。サーフィンやジェットスキーなどのマリンスポーツが楽しんでいる方が1年中おられます。自転車にボードを積んで走っている方もよく見かけます。手前に見えるのはヨットハーバーです。

Poryon_3 藤沢市は韓国の保寧(ポリョン)市と友好都市のようで、ポリョン市から贈られたモニュメントが設置されています。「萬世保寧」と刻んであります。

Konmian こちらは藤沢市と友好都市である、雲南省昆明市のモニュメントです。雲南省といえば烏龍茶ですね。

0517s 今日の夕食です。

ブタ肉入り油茄子、手作りムルギムチ、小松菜と椎茸の味噌汁です。

2008年5月16日 (金)

まとめて投稿

Nang 昨日はカレーだったのですが、ナンを自家製で作ってみました。粉(中力粉)、塩とイーストをこねて、北京鍋に貼り付けて焼きました。結構うまくいきました。ちなみにカレーは牛肉のドライカレー。

Nikomi 今日の夕食は、「鶏レバー、こんにゃくとソラマメのコチュジャン炒め煮」です。思いつきで作った料理でしたが、まあまあでした。ソラマメは味が濃いので、コチュジャンのような濃い味でも負けません。

7i セブンアンドアイの食パンですが、これが結構おいしいのです。食品添加物が少ないということがウリのようだ。ごはん(冷凍にしておく)が切れたりすると、冷凍したパンをトーストして食べたりしています。

Enoden

こんなパンを見つけました。何で江ノ電なのか? パンはなんとなく昔の給食のパンに似ているような気もする。

2008年5月11日 (日)

リンク見直しました

グランボワサクソフォン倶楽部のホームページが新しくなり、URLも変わりましたのでリンクを見直ししています。写真も貼ってありますので、どんな活動しているのか様子がわかるかと思います。

トッポッキ

Toppoki 今日の夕食は「トッポッキ」を作ってみました。トッポッキソースというのも売っていますが、家庭にある調味料作りました。赤いのは唐辛子です。餅(ットック)の炒め物です。家庭の味だそうです。餅は一般には売っていなく、韓国食材専門店でないと手に入らない。日本の餅とは違って、日本でいう団子と思ってもらえば近いかと思います。野菜と肉、そして餅。スナックのような感覚の料理です。大阪・鶴橋商店街では店先で売っていました。

2008年5月 4日 (日)

発表会終了

発表会が終わった。今回はバッハの無伴奏チェロ組曲1番から4曲演奏した。師匠からも少々無謀とのご指摘も頂きましたが、今回の取り組みでは大曲ということもあり、自分の欠点がすべて出てしまい、聴くに堪えられない演奏になる可能性が大と思っていましたが、案の定イージーミスを連発。しかし、メヌエットだけはよかったようだった。

練習時に録音して聞いてみると、時間どおり演奏していたつもりでも、音が短かったりテンポが不安定だったり、伴奏がないので、私個人特有のフレーズ感などで流れがうまくいかない。

結局演奏はうまくいかなかったが、やるだけやったという思いはあった。修行がまだ足りないなあ。そしてバッハは偉大だ。

バロックや古典の曲だけのサクソフォンアンサンブルの演奏会をやってみたいという思いをもっています。(ほとんど夢物語に近いかも。) かなり昔の話、師匠の所属する東京サクソフォンアンサンブルがフレッシュなサクソフォン奏者ととともに、教会で演奏会を開いたことがあった。その時、バッハの管弦楽組曲1番が演奏され、非常に感動したのを覚えています。サクソフォンという新しい楽器でありながら、違和感が全くないのが不思議だった。そして古典の演奏会をしてみたいと感じたのはこの時だったと思う。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ