« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

桜祭

Seya グランボワの練習に向かうため、横浜環状4号線を上瀬谷通過中。通称「海軍道路」と呼ばれています。桜が満開です。米海軍上瀬谷通信廠では、チェリーブロッサムフェスティバルが行われていたようだ。今日の海軍道路はすごい渋滞です。

2008年3月23日 (日)

また国家試験受験

消防設備士の試験のため、神奈川工業高校に向かった。消防設備にはいくつかの区分がありますが、私の受験したものは屋内消火設備です。屋内消火栓やスプリンクラーなどです。種別も甲と乙があって、甲は設計工事、乙は点検整備が主体となるが、受験申請当時は甲種の受験資格がなく今回はとりあえず乙種とした。受かれば儲けものかなというところです。

Photo_2 買い物をするため川崎に向かいました。春夏向けの帽子がほしいと思っていたので、帽子専門店「辻野」に寄りました。私の頭はかなり大きいので、百貨店では大きなサイズはほとんど置いていなく、、辻野さんまでこないと手に入らない。この日はデニムのキャップとオレンジ色のハンチングを買いました。帽子って結構高いんだよね。

冷蔵庫の粉唐辛子がなくなってきたので、桜本まで足を延ばし、粉唐辛子を買い求めました。ケジャンがおいしそうだったので、1つ買い求めました。やはりケジャンうまいね。ちなみにケジャンは、生きたワタリガニを薬念(ヤンニョン)で漬けたものです。

P.S. 無事合格いたしました。(4/4)   

合格率はかなり低いようだ。合格者はたったの9名でした。

2008年3月22日 (土)

横浜国大吹奏楽団サクソフォンコンサート

Photo 今日は、グランボワサクソフォン倶楽部のくにしま君が所属する、横浜国立大学吹奏楽団のサクソフォンコンサートが横浜美術館で行われ、みなとみらいに出かけました。2部構成の演奏会でしたが、1部が1時間と半端じゃない長さ。普通のお客さんだと絶対に飽きているはず。2部のラージアンサンブルはかなり練習していたようで、演奏は結構よかった。演奏の善し悪しは別にして、吹奏楽のほかに室内楽活動ができるということは素晴らしい。

本日は、母校である「戸塚高等学校吹奏楽部第25回定期演奏会」がみなとみらいホール行われているため、演奏終了後、ホールに駆けつけたが最後の曲だったのでモニターで鑑賞。何しろ100名を超える部員のバンドですから、人数が多すぎて音楽になりません。これは音楽ではなく教育の場なので、やむを得ないというところです。

ロビーでは、ご無沙汰している前顧問の恩師や先輩方、後輩諸君にお会いできよかった。恩師の築いた卒業生の絆は強固だった。しかし、最近は部員も多くなり栄えている反面、育まれない何かがあるような気がしています。その後宴会もあったが、日曜日に試験があるので失礼させていただきました。

2008年3月20日 (木)

国会

日銀総裁はとうとう空席になってしまいましたが、いったい国会は何をしているのか。国民不在の政争になっているのではないだろうか。某野党はまるで鬼の首を取ったように。

そして道路特定財源の不適切な使途にはあきれるばかり。武士社会だったら公金横領の罪で自刃しなければならないはずだ。役人にすべてを任せていたら、食い物にされとんでもないことになりそうだ。道路特定財源は一般財源化するしかないだろう。そうしなければ世間は納得しないだろうし、必要な道路は国会で議論されて作るべきだろうと思う。自由民主党の大英断を期待したいところだ。

2008年3月16日 (日)

ダンス

昨日、横浜市営地下鉄の車内でダンス講師のN川に偶然出会った。何年振りだろう。(ちなみに彼は高校吹奏楽部の後輩) 彼は英国でダンサーの資格を取って踊場駅前にあるスタジオでダンスを教えている。日本ではプロとしての認定は受けていないようだ。日本ではダンサーの資格というものはなく、各団体の認定という形になるらしい。団体も複数あって公的な資格には至っていないそうです。社交ダンス人口は中高年以上の方が圧倒的に多いようです。若い人がいないことに危機感を感じているようだ。文化の違いなのでしょうか、競技としてのダンスという形に落ち着くのではないだろうか。社交界という言葉を使われても、社交界とは何だろう。一つの尺度では語れない言葉だろうとは思いますが。日本では失われたものかもしれない。

2008年3月 9日 (日)

パラショスリガチャー

Rig 新しいテナーサクソフォンのリガチャーを購入しました。材質はローズウッドです。逆締めのリガチャー特有の欠点は、低音域の発音がしづらい反面、高音域の音抜けが良くなるということだと思います。このリガチャーはその欠点がありませんでした。音も柔らかくなりやや渋い音になります。楽器メーカーによっては音が柔らかすぎて輪郭がはっきりしなくなるという面もあるかとは思います。製品名はギリシャのメーカーで「パラショスリガチャー」です。クラリネットのリガチャーは大変好評だそうです。

2008年3月 6日 (木)

無事に合格しました

Kan_11級管工事施工管理技術検定試験の合格通知が届いた。何年勉強しただろうか。学校に通っている時より勉強したのは間違いない。

2008年3月 2日 (日)

淡路島SF本番

  プログラム

【第1部】

ディベルティメント2,3楽章(ブートリー) 

 岡 千里/山崎香織

タンゴの歴史よりナイトクラブ1960(ピアソラ) 

 四之宮亜沙美/加藤佳子

民謡風ロンドの主題による序奏と変奏(ピエルネ) 

 ビグレットサクソフォンアンサンブル

17世紀のハンガリー舞曲集より(ファルカッシュ) 

 ウィーズサクソフォンカルテット

カフェ・サンジェルマン(真島) 

 ブランサキソフォンアンサンブル

故郷の空 in Swing(民謡) 

 奈良ウインドコンサートファミリー

くるみ割り人形(チャイコフスキー) 

 ダッパーサクセーバーズ

ルーマニア民俗舞曲(バルトーク) 

 浜松サクソフォンクラブ

Higgledy-Piggledy(本多) 

 Saxyd

吹奏楽のための第1組曲(ホルスト/啼鵬) 

 パティオアンサンブル

<<<ソプラニーノサクソフォントリオ>>>

メディエバル・エアー、ウッドペッカーズ(マガニーニ)

<<<1オクターブ上のアンサンブル>>>

四重奏曲1楽章(サンジュレー)  

 ソプリロ、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト のカルテット

 ※ソプリロサクソフォンは東海地区でご活躍の柏原卓之氏

【第2部】

四重奏曲2,3楽章(デザンクロ) 

 長瀬敏和、田端直美、青木 健、高畑次郎

ホルベルグ組曲(グリーグ) 

 サクソフォンラボラトーリ岡山 

 ※くらしき作陽大学卒業生によるサクソフォン合奏団

5つのスペイン民謡(ファリャ) 

 長瀬敏和/森田洋美

【第3部 サクソフォンオーケストラ】

ファンファーレ(伊藤康英)

スラブ行進曲(チャイコフスキー)

アルセナール(ロースト/柏原)

サウンド・オブ・ミュージック(ロジャーズ/上田啓二)

☆☆☆☆☆☆☆☆

Patio1_8 かつてニフティのパソコン通信のパティオで知り合った仲間で、定期的にオフ会などで交流を深めていましたが、最近は淡路島だけになってしまった。旧パティオの仲間とパティオアンサンブルで、ホルストの吹奏楽のための第一組曲1楽章を演奏しました。本番の演奏が一番良かったようです。今回の楽譜は啼鵬さんのアレンジのものを使いましたが、結構手こずりました。

最後は参加者全員のサクソフォンオーケストラ演奏。アルセナールは柏原卓之氏に編曲です。「(曲は)演奏してなんぼのもの」ということらしい。ローストは太っ腹のようだ。なかなかいいアレンジでしたよ。

Recep

レセプション(打上)を待つ参加者。中学生もいるので、ソフトドリンクとお菓子で簡単に茶をしながら、歓談をしました。高畑次郎君とは兄弟弟子であり、先生のお宅で何度も顔を合わせていましたが、会話をしたのは今回が初めてでした。高畑君は確信がなかったので声をかけなかったようだった。大阪市音楽団のメンバーとして大活躍のようです。

レセプション終了後、皆様とあいさつをして高速舞子行きのバスに乗り込みました。ホールの前からバスが出ているので大変便利です。次のバスは1時間後であり、大変なごり惜しいのですが、乗り遅れると最終上り「のぞみ」に間に合わなくなるので、急ぎました。

Galaxy 横浜に戻ってきました。下りホームには、大阪行き寝台列車「銀河」が入線してきました。機会があったら乗ってみたいなあ。。

2008年3月 1日 (土)

淡路へ

Shinosaka 1日・10:09 「のぞみ61号・広島行」新大阪着。東海道線快速電車に乗り換えてJR舞子駅へ向かいます。舞子は神戸市垂水区です。

Bunki東海道本線と山陽本線の起点を表す道標です。JR神戸駅構内にありました。

Akashikaikyo 舞子駅から見た明石海峡大橋です。橋脚の上部に高速舞子バス停があります。淡路交通の路線バスで津名に向かいます。通常の路線バスに補助席とシートベルトが付いています。

Shiduka フェスティバルが行われる「しづかホール」です。リハーサルも同ホールで行われました。

Sanyo2 今日のお宿。某電機メーカーの保養所だそうですが、経費削減のため、廃止になくなってしまうそうです。

Ca557f95s 練習後、宿泊組の大宴会。(へ~様のブログより拝借いたしました。) 翌日3時30分まで続いたようです。私は1時30分で失礼いたしました。翌日9時にはリハーサルがはじまりましたので、なんてタフな人々。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ