« 鎌倉芸術館ゾリステン | トップページ | 今日の夕食 »

2007年6月11日 (月)

戸塚駅西口再開発本格化

Kasetu2戸塚駅西口再開発が本格化し、仮設店舗での仮営業が始まりました。八百要さん、ジャンボメンチで有名な斉藤精肉店、ケーキがおいしいカナールなど、仮設店舗で営業しております。3年後に商業テナントビルが完成し、仮設店舗解体後に区役所とコンサートホールなどのビルが6年後に完成する。戸塚駅西口の再開発は地下鉄ができる前からの話しで、地下鉄の駅を西口側に作るか東口側につくるかもめにもめて東口となったが、東口は綺麗になり、舞岡には大学も進出し活気がでた。西口の商店街は影響がなかったと見えました。しかし市営地下鉄が湘南台まで延伸が完了したときに、商店街の衰退ははっきり見えた。バス利用の方が地下鉄にシフトし、人が通らなくなったわけですから、当然といえば当然です。東戸塚には西武やダイエーが進出。立場駅にはイトーヨーカドーができ、客の取り合いになり戸塚駅周辺は益々沈下するばかりで、戸塚の丸井もとうとう撤退。再開発も大型店舗任せという従来型の再開発ができなくなった。しかし、「役所と同じビルでは客が来ない。」とか、「移転費用」を理由に同意しないとか、よくない噂ばかり聴こえてきた。横浜市は計画を練り直し(中央官庁ではありえない)、話をまとめ着工にこぎつけた。この話をまとめたお方が、森誠一郎さんという横浜市特命技監。横浜市長の希望で定年を延長し対応された。中田市長の粘り勝ちであります。魅力あるお店が増え、文化的にも街が発展することを願っています。
Shop 解体を待つ旧商店街の建物。

« 鎌倉芸術館ゾリステン | トップページ | 今日の夕食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉芸術館ゾリステン | トップページ | 今日の夕食 »

最近のコメント

いたち川

無料ブログはココログ